ROGUE ドライバー 2本の柱

キャロウェイのROGUEシリーズが発表されましたが、
EPICから採用されているヘッド内部の2本の柱は
ROGUEにも採用されています。

この2本の柱は、ヘッド内部のフェース寄りにあり
クラウンとソールをつないでいます。
インパクト時のヘッドのたわみを抑えることで
ボールに与えるパワーを逃さないようにしようという狙いです。

今回、この2本の柱が、EPICと比較して25%軽量化されました。
この軽量化というのは、非常に大きなポイントであると考えています。

最近のドライバーというのは、重心の位置を低く、深くすることで
やさしく大きなボールを打てるようにしようという流れがあります。
2本の柱は、フェースよりギリギリにあることで、重心を浅くする方向に働いてしまいます。
そうすると球のつかまりは抑えられ、高さも出にくくなります。どちらかというと、上級者向け、ハードヒッター向けになるのです。
それを今回のROGUEでは25%軽くすることに成功しました。フェース寄りの重量が軽くなり、また、その余剰重量を後ろ寄りに配置することができるので、重心を深く、低くすることが可能になります。

そういうことで、ROGUE STARは、EPIC STARよりもかなりやさしいモデルとなりました。
その分、男子プロは、ROGUE STARではなく、ROGUEやROGUE Sub Zeroを使う選手が多くなるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す