PING G400 MAX ドライバー スライサーにはどう?

PINGのG400シリーズに新しいモデルが登場することが発表されました。

G400MAXドライバー


PING G MAX ドライバーの詳細はこちら

これまで発売されているG400シリーズは、すべて445CCの今どきドライバーとしては小ぶりのヘッド。今回のG400MAXドライバーは460CCの大型ヘッド。この大型ヘッドで、最大の慣性モーメントを実現しました。
これまでのG400シリーズも、他のメーカーの追随を許さない大きな慣性モーメントを誇って、当たり負けしないドライバーでしたが、今回は更に慣性モーメントが高くなり、よりミスヒットに強いドライバーとなります。

では、スライサーにとってはどうか?という部分ですが、
インパクトで芯を外しても当たり負けしないので、スライスやフックが小さくなります。
ですので、スライスが小さくなる可能性が大いにあります。

ただ、大きく振り遅れてしまうタイプのスイングの方は注意が必要です。
より振り遅れてしまって、そのまま右にすっぽ抜ける球が出てしまうかもしれません。

打点がばらついて右や左に飛んでしまうという方は、
曲がりが少なくなってくれますので、ドライバーが楽になるでしょう。

慣性モーメントが大きいドライバー

慣性モーメントが大きいドライバーということで
一番に名前が挙がるのがPINGのGシリーズでしょう。

PING G400 ドライバーの詳細はこちら
最新モデルのG400ドライバーは、
宮里優作選手、鈴木愛選手の男女賞金王が使っていることで、今非常に話題になっています。また、ジャンボ尾崎選手も使っていますね。

慣性モーメントの大きさは、他のメーカーのクラブと比較して群を抜いて大きいです。
ただ、慣性モーメントが大きいドライバーというのは、左は怖くないけど、振り遅れてスライスが止まらない、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、慣性モーメントの大きいドライバーというのは、重たいし、つかまりにくいです。

ただ、今回のG400ドライバーは、ヘッドの大きさが445CCと小ぶりになっており、
振りぬきやすくなっていてヘッドが遅れやすいという悩みが軽減。
また、つかまりに自信がない場合はSF TECなら捕まえやすいです。

ゴルフ練習場で多く見るドライバー

今年の競技ゴルフは、基本的には全て終了しました。

ゴルフ練習場では、ドライバーのテストをされている方も多く
複数のドライバーを持ち込んで打っている方を見かけます。

どんなドライバーをテストしているのかなと思って見ていると
多いのがPING G400 ですね。

ピン G SERIES G400ドライバー PING TOUR 173-65/75 ドライバー シャフト:PING TOUR 173-65 10.5度 S 45.25インチ

男子賞金王の宮里優作選手、女子賞金王の鈴木愛選手が使用しており、
ジャンボ尾崎選手も絶賛して使い始めたことから
アマチュアの間でも人気になっています。

他には、タイトリスト917DやテーラーメイドM2、キャロウェイEPICですね。

本当にこれらの4つのドライバーは、
非常に多くのゴルファーが使っています。

PING G400 SF TEC ドライバー 口コミ・評価

PING G400 ドライバーのSF TECをご紹介させていただきます。


PING G400 SF TEC ドライバー の詳細はこちら

すでにプロでもアマでも非常に高い評価を受けているG400ドライバー。

小ぶりなヘッドが、とても扱いやすいのですが、
慣性モーメントは高くストレート性が高いドライバーとなっています。
小ぶりなヘッドというと難しいイメージがあったり、
曲がりやすい感じがするかもしれませんが、そのようなことはありません。

実際に使用している方々の口コミ・評価も参考にしていただければと思います。
⇒G400 SF TEC 使用者の口コミ・評価はこちら

PING G400 ドライバー 口コミ・評価

PING G400ドライバーが発売開始となり、
早速手元に届いた方々からの口コミ・評価が届き始めています。

すでに実戦使用しているプロからの評価が非常に高いのですが、
アマチュアからの評価はどうなのかなと気になるところ。

現在集まっている評価を見ていると
かなり良いみたいですね。
扱いやすいヘッドと高い慣性モーメントの組み合わせで
飛んで曲がらないという評価を得ているようです。
⇒G400 使用者の口コミ・評価はこちら


PING(ピン) G400 ALTA J CB(JP) フレックス:SR ロフト:10.5°

宮里優作 使用ドライバー 2017 最新 9月

宮里優作選手がドライバーを替えてきました。

クラブ契約フリーの宮里選手ですが、
元々ドライバーはPING Gドライバーを使っていました。

今回チェンジしたのは、そのPINGの最新モデルであるG400ドライバー。
契約プロたちも支給直後から実戦で使い始め
非常に完成度の高いドライバーであることが噂されていましたが、
優作選手もG400に替えてきました。

445㎤と今どきのドライバーとしては小ぶりのヘッドにもかかわらず
慣性モーメントが非常に高くなっています。

PING G400ドライバーの詳細はこちら

PING G400 発売日

本日、9月7日、PINGのG400シリーズの発売となっています。

ドライバーからフェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンとフルラインナップです。

ドライバーは、3つのタイプ。
G400
G400 SF TEC
G400 LS TEC

今回のドライバーは、プロへの支給開始後、
多くのプロが即実践で使い始めました。
この早さは本当に凄かったんです。
それほど完成度が高いドライバーです。

445㎤と小さく扱いやすいのですが、
慣性モーメントは最大となっています。

扱いやすく、曲がりくい、最高のドライバーですね。

【ピン公認フィッター対応 ポイント10倍】ピン G400 ドライバー G400 G400 SFTec G400 LSTec メーカー純正シャフトALTA J CB シャフト TOUR 173シャフト 【日本仕様】(左用・レフティーあり)

PING G400 ドライバー 発売日

PINGのG400が遂に正式に発表されました。

新製品発表会に登場した永野竜太郎選手は、
G400ドライバーをすでに実戦投入しているのですが、
「一言で言えば飛ぶ。左右へのばらつきも減って安心して打てます」とコメントされていました。

発売日は、9月7日です。

●PING/ピン G400 ドライバー[日本仕様モデル]

PING G400 ドライバー バッバワトソン

PINGのNEWドライバーG400が姿を現しました。

PINGの顔として活躍しているバッバワトソンが
インスタグラムで紹介。

‪This is what's under the hood! The new @pingtour #G400 ‬

A post shared by Bubba Watson (@bubbawatson) on

日本のツアー会場でも
姿が目撃されています。

まだ、詳細は発表されていませんが、
分かり次第報告させていただきます。