ヨネックス EZONE GT ドライバー 評価

ヨネックスのクラブをご紹介します。いつも面白い発想で一味違ったクラブを作ってくれるメーカーで池田勇太選手と言ったクラブにうるさい選手が契約していないにも関わらず制作を依頼するなど注目される日本のメーカーです。

今回ご紹介するのは、2018年モデルのドライバーで「EZONE GT ドライバー」。

EZONE GT ドライバーの詳細はこちら
高い打ち出し角から低スピンで伸びのある球を実現します。実際に打っている最中、少しアゲンストの風ではあるのですが、スピン量が少ないので風に強く、フォロー気味なのかなと感じるような球筋で飛んで行ってくれます。

スピン量が少ない理由は、そもそも軽い通常のカーボンクラウンと比較しても20%も軽量化されたクラウン。クラウン部分が軽くなることで重心が下がります。するとスピン量が少なくなり、風に負けない力強い球を打つことが可能になります。
もちろん、スピン量が少ないだけだと飛距離性能が逆に落ちてしまう可能性もありますが、深い重心により打ち出し角が高くなっていることでビッグキャリーが実現できるというわけです。

もう一つ面白いのが、フェース面です。最近は、フェース面にミーリングが施されているドライバーが多くなっていますが、そのほとんどが横に研磨されています。しかし、このEZONE GT ドライバーは縦に研磨されています。

縦に溝が入ることで、球に横回転が入りにくく、ストレート性能がアップするのです。
実際にヨネックスが行ったテストでも、フェースが開いてインパクトした際に、横のスピンが少なく飛距離が出ていることが分かります。

実は、この縦の溝は、ヨネックスよりも前にアメリカのメーカーが作っており、メジャーチャンピオンで飛ばし屋で有名なジョンデイリーがすでに使っています。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、飛ばし屋だけど曲がり幅も大きいジョンデイリーが絶賛しているドライバーです↓↓


バーチカルグルーブドライバーの詳細はこちら

これまでの常識を覆す縦溝が近い将来当たり前に採用される時が付くのかもしれませんが、今私が知っている限りはこの2つのモデルのみとなっています。

2018年からヨネックスと用具契約を結んだ森田遥選手が、このEZONE GT ドライバーを使う予定となっています。

キャロウェイ ROGUE DRAW ドライバー 発売日

キャロウェイから新しいROGUEシリーズが発売されますが、「ROGUE DRAW ドライバー」をご存知でしょうか?

日本のキャロウェイのウェブサイトを見ても
・ROGUE STAR ドライバー
・ROGUE ドライバー
・ROGUE SubZero ドライバー
の3つのモデルしか掲載されていません。

そうです、ROGUE DRAW ドライバーは日本では未発売のモデルとなります。

日本では「ROGUE STAR ドライバー」が一番人気のドライバーとなっていますが、基本的にはこれと同じヘッドになるのですが、このROGUE STARにライ角・ロフト角調整のカチャカチャ機能が付いているモデルが「ROGUE DRAW ドライバー」となります。

購入後もスイングを変えたりして、球が低めになったり、高めになったり、つかまりにくくなったりつかまりやすくなったりと、我々アマチュアはころころ球筋が変わってしまいます。そういったときに、カチャカチャ機能が付いていると微調整ができるので便利ですね。
それ以外のヘッドの特徴は、両者で変わりはありません。

ROGUE DRAW ドライバーは、USモデルとなりますが、通販で購入することが出来ます。
このサイトでUSモデルをご紹介するときには、いつも掲載させていただいているカリフォルニアのフェアウェイゴルフUSAさん。日本人オーナーで完全日本語対応してくれますので安心。日本人御用達のショップです↓↓


ROGUE DRAW ドライバーの詳細はこちら

テーラーメイドM3ドライバー 使用プロ

テーラーメイドから新しいMシリーズ、M3ドライバーとM4ドライバーが登場しました。

M4ドライバーは、ダスティンジョンソンとジョンラームが新年早々に優勝。
そして、更にM3ドライバーもジェイソンデイが優勝しました。

これでアメリカツアーは、2018年に入って4週間で3勝ということになりました。
本当に強い!2018年はどこまでテーラーメイド勢が優勝してしまうのでしょうか。

テーラーメイドM3ドライバーの使用プロと言えば、タイガーウッズも使い始めました。
タイガーは今年は積極的にツアーに出場する意向ですので、タイガーがM3で優勝する姿を見ることもできるかもしれません。

[2/16発売 予約販売][日本正規品] テーラーメイド M3 460ドライバー クロカゲTM5 カーボンシャフトモデル [TaylorMade]【ゴルフクラブ】【2018モデル】

キャロウェイの新しいドライバー 発売日は?

キャロウェイから新しいドライバー「ROGUE」シリーズが登場します。

発売日は、まずはキャロウェイ本国のアメリカからで、2月9日です。ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンと全て当日に発売開始です。

アメリカで発売されるドライバーは
・ROGUE ドライバー
・ROGUE Sub Zero ドライバー
・ROGUE DRAW ドライバー

キャロウェイ ROGUE ドライバー USモデルの詳細はこちら

日本では、まずドライバーとフェアウェイウッドが2月23日に発売され、ユーティリティは3月、アイアンは4月に発売されます。

ゼクシオ10ドライバー ミヤザキ 評価

ゼクシオ10ドライバーのミヤザキモデルをご紹介します。

前作のゼクシオ9もそうでしたが、今回の10もレギュラーモデルと同様にミヤザキモデルもたくさん売れており、そして口コミ・評価も高くなっています。

ヘッドは、色の違いはありますが、中身は同じです。
そして、シャフトは、SRで50gとなっており、一般的なドライバーの標準シャフトよりも少し軽くなっています。一般的な体力のある方であれば、ミヤザキモデルでも十分使えるでしょう。レギュラーモデルがシニアや軽いシャフトを好む方向けで、ミヤザキモデルが一般向けと考えてもいいでしょう。

実際に使用している方々からの口コミ・評価もたくさん集まってきています。
⇒ゼクシオ10 Miyazakiモデル 使用者の口コミ・評価はこちら

キャロウェイ ローグ サブゼロ ドライバー 評価

キャロウェイからローグシリーズが登場しましたが、3つのタイプがあります。
やさしくつかまって上がってくれるローグスター。低スピンで中弾道で飛ぶローグサブゼロ。中間のローグ。

今回は、非常に評価が高くなっているローグサブゼロをご紹介します。

●キャロウェイゴルフROGUE SUB ZERO DRIVERローグ サブゼロ ドライバー[日本仕様]Speeder EVOLUTION for CW 50 シャフト

今回のローグシリーズの中で、最も評価が上がっているのがこのサブゼロです。
叩いても左に行きにくいのですが、右へ抜けてしまうような打球も出なくなりました。打感も本当に良くなって、インパクトで球が潰れるような感覚を得られます。そんな打感にも関わらず、初速が本当に速いです。
出球はそれほど高くなくスピン量も少ないので、ヘッドスピードは速くないと厳しいです。

ローグスタードライバー ヘッドスピード40m/s

キャロウェイから登場するROGUE STAR ドライバー。

ヘッドスピード40m/sくらいだけど使えますか?なんていう質問が結構多くあります。

結論からいうと、大丈夫!です。

実は、昨年大ヒットしたEPIC STAR ドライバーは、ヘッドスピード40m/sくらいだと、ちょっとしんどかったと思います。ROGUE STAR ドライバーになって、重心が深くなりつかまりやすい位置になったことから、球が上がりやすくなって自然と捕まるヘッドになっています。実際に色んな試打情報を聞いていると、ヘッドスピード40m/sくらいの方の結果が非常に良くなっています。

今回のROGUEシリーズは、全体的につかまりが良くなっています。
3つのタイプの中で、最もROGUE STAR がやさしく飛ばすことが出来るドライバーです。

ROGUE STAR ドライバーの詳細はこちら

テーラーメイドM3M4ドライバー 予約受付開始

テーラーメイドM3M4シリーズの予約受付が開始されました。



テーラーメイドM3M4 先行予約はこちら

今回のMシリーズは、やはりツイストフェースですね。
ロボットではなく、人が打った時の打点とボールの行方を徹底的に解析。
トゥ側高めでヒットする際にはフェースは閉じ気味にヒットすることが多く、
ヒール側低めでヒットする際にはフェースは開き気味にヒットすることが多くなります。
そういった傾向を徹底的に調査して、ミスヒットした時にも、ボールの曲がりを最小限にして大きなトラブルにならないものを完成してくれました。
これは是非使ってみたいですね。

PING G400 MAX ドライバー スライサーにはどう?

PINGのG400シリーズに新しいモデルが登場することが発表されました。

G400MAXドライバー


PING G MAX ドライバーの詳細はこちら

これまで発売されているG400シリーズは、すべて445CCの今どきドライバーとしては小ぶりのヘッド。今回のG400MAXドライバーは460CCの大型ヘッド。この大型ヘッドで、最大の慣性モーメントを実現しました。
これまでのG400シリーズも、他のメーカーの追随を許さない大きな慣性モーメントを誇って、当たり負けしないドライバーでしたが、今回は更に慣性モーメントが高くなり、よりミスヒットに強いドライバーとなります。

では、スライサーにとってはどうか?という部分ですが、
インパクトで芯を外しても当たり負けしないので、スライスやフックが小さくなります。
ですので、スライスが小さくなる可能性が大いにあります。

ただ、大きく振り遅れてしまうタイプのスイングの方は注意が必要です。
より振り遅れてしまって、そのまま右にすっぽ抜ける球が出てしまうかもしれません。

打点がばらついて右や左に飛んでしまうという方は、
曲がりが少なくなってくれますので、ドライバーが楽になるでしょう。

ROGUE ドライバー 2本の柱

キャロウェイのROGUEシリーズが発表されましたが、
EPICから採用されているヘッド内部の2本の柱は
ROGUEにも採用されています。

この2本の柱は、ヘッド内部のフェース寄りにあり
クラウンとソールをつないでいます。
インパクト時のヘッドのたわみを抑えることで
ボールに与えるパワーを逃さないようにしようという狙いです。

今回、この2本の柱が、EPICと比較して25%軽量化されました。
この軽量化というのは、非常に大きなポイントであると考えています。

最近のドライバーというのは、重心の位置を低く、深くすることで
やさしく大きなボールを打てるようにしようという流れがあります。
2本の柱は、フェースよりギリギリにあることで、重心を浅くする方向に働いてしまいます。
そうすると球のつかまりは抑えられ、高さも出にくくなります。どちらかというと、上級者向け、ハードヒッター向けになるのです。
それを今回のROGUEでは25%軽くすることに成功しました。フェース寄りの重量が軽くなり、また、その余剰重量を後ろ寄りに配置することができるので、重心を深く、低くすることが可能になります。

そういうことで、ROGUE STARは、EPIC STARよりもかなりやさしいモデルとなりました。
その分、男子プロは、ROGUE STARではなく、ROGUEやROGUE Sub Zeroを使う選手が多くなるのではないでしょうか。