池田勇太 使用ドライバー 2017

日本オープンを制した池田勇太選手。
ここ最近、ドライバーが非常に飛んでおり、
それはツアーでも大変な話題になっています。

キャロウェイのEPICなども2017年初めの方が使用していましたが、
現在はM1の440を使っています。
シャフトは、ディアマナBFです。

2017モデルテーラーメイド日本正規品新・M1(エムワン)440ドライバーDiamana BF60カーボンシャフト【あす楽対応】

テーラーメイドM1ドライバー 2017 評価

テーラーメイドM1ドライバーの2017年モデル。

世界中のトッププロも使用するモデル。
重量が純正シャフトで310gほどありますので
ある程度しっかり振れる方が使えるドライバーと言えます。

実際に打ってみると、中弾道の力強い弾道の球が打てます。
重心は比較的浅くなっていますが、
ある程度ヘッドは返ってくれますので、
そこそこつかまってくれる印象です。

また、Tトラックシステムが面白いですね。
重心深度を更に浅くすることもできますし、
もちろん深くすることも出来ます。
これによって球の上がりやすさを調整できます。

また、ドロー・フェードも変えられますので、
つかまり具合の調整も可能です。

前作よりも、よりはっきり調整機能の効果がわかりますので
その時の自分自身のスイングに合わせて
最適なポジションで使うことができます。

中上級者が、狙って飛ばすことができる
本当に素晴らしいドライバーですね。


テーラーメイド TaylorMade M1 460 ドライバー TM1-117 カーボンシャフト 2017年モデル 日本正規品【あす楽対応】

キャロウェイ エピック テーラーメイドM1 飛ぶのは?

キャロウェイ GBB EPICとテーラーメイドM1、M2シリーズが発売されましたが、
どれを購入しようか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか??

そこで、どちらが飛ぶのかを比べてみました。

実際に私や知人が打ったデータや
ゴルフ雑誌などで試打されているデータを見て比べた結果、
どれが確実に一番飛ぶというのは明確に出ませんでした。

ただ、明確なデータとして出たのは、
M1ドライバーのTトラックシステムで
ドンピシャのセッティングを出すことができれば
それが一番飛ぶということです。

エピックが内部の2本の棒で初速が速くなりましたが
M1やM2、その他の最新モデルと比べて
大幅に速いかというとそれほどでもありませんでした。


【2017年モデル】Callaway GOLF【キャロウェイゴルフ】GBB EPIC STAR【ジービービー エピック スター 】ドライバー カーボンシャフト(Tour AD TP-5,Speeder 569 EVOLUTION III,FUBUKI V50) メンズゴルフクラブ



テーラーメイドM1 2017年モデルの詳細はこちら

テーラーメイドM1ドライバー2017発売日

先日、テーラーメイドM2ドライバーの2017年モデルをご紹介しましたが、
M1ドライバーの2017年モデルも発売されます。

発売日は、同じく2017年1月27日です。

Tトラックシステムの可動範囲がより広くなり
自分でカスタマイズできるドライバーです。


テーラーメイドM1ドライバー2017年モデルの詳細はこちら

M1 ドライバー 口コミ

テーラーメイドのM1ドライバーが
プロアマ問わず非常に人気がありますね。

テーラーメイドのプロが使用するモデルは
やはり難しいというイメージがあるかと思います。

実際、やさしくありませんが、
このM1はかなり扱いやすくなっているのは事実です。

その辺り、実際に使用したアマチュアの方が
どこまでやさしくなっているのか?
やっぱり難しいのか?
口コミが続々と寄せられています。

ゴルフダイジェストオンラインでは、
その多く寄せられた口コミを見ることが出来ます。
これから購入を検討されている方は、
是非参考にしてみていただければと思います。
⇒テーラーメイドM1ドライバーの口コミはこちら(ゴルフダイジェストオンライン)

テーラーメイド M1

テーラーメイドM1が、
アメリカ限定ですが、絶賛発売中です。

日本で手に入るのが2015年12月なので、
日本人ご用達のカリフォルニアのショップには
日本から注文が殺到しているようです。


テーラーメイドM1の詳細はこちら

ドライバーでは、
これまでのチタンドライバーでは得られなかった
マイルドな打感に随分と近づいてきました。

例えば、M-1を早速取り入れているジャンボ尾崎プロも
ようやく理想に近い打感を得られるようになってきた!
と納得顔。

今や世界No.1選手との呼び声も高い
ジェイソンデイもM1を使っており、
M1デビュー戦でいきなりの優勝を果たしているのですが、
ジャンボさんもジェイソンデイには
まだまだ負けないぜ!って感じで
対抗心を燃やしていました。

クラウン部分がカーボンになっており軽量化に成功。
重心が下がったことで球が捕まりやすく
高く上がりやすくなっています。

もちろん、ソールにあるウエイトポジションを
変更することで、よりご自身の好みに合った
捕まり具合や高さの調整もできます。

ウエイトを替えることで
確実に球筋が変わるので
面白いですね。

日本モデルの発売は、12月です↓↓

テーラーメイドM1ドライバー日本モデルの詳細はこちら

M1ドライバーが人気の理由

テーラーメイドM1ドライバーが
物凄い勢いで売れているみたいですね。
現在は、まだUSモデルのみ発売中で、
日本モデルは12月発売予定です。


テーラーメイドM1ドライバーの詳細はこちら

まず、パッと見て
これまでのテーラーメイドの白ヘッドとは
クラウン部分の色が違うことに気が付くと思います。

これはクラウン部分がカーボンになっているため。
カーボンになることで軽くなりました。
軽くなることで前モデルのR15よりも重心が下がりました。
よって、球が上がりやすく、捕まりやすくなっています。
これはどのプロもコメントしていますし、
実際打ってみるとハッキリわかる違いです。

また、ソールのウエイトですよね。
横に動かすウエイトと、縦に動かすウエイトがあります。
これでドロー系からフェード系に球筋を替えたり、
球の高さ、捕まり具合も変えることが出来ます。

正直、人気が出る理由がわかります。
しかも、日本モデルが出る前に
USモデルを買い求める方が多い理由もわかります^^;

日本人オーナーのカリフォルニアのショップでは、
日本語完全対応で非常に親切丁寧です。
シャフトのカスタマイズも豊富なので、
USモデルでも日本モデルと全く差がなく
購入することが出来ます。
ヘッドは同じですからね。
完全日本語対応のカリフォルニアのショップはこちら

テーラーメイドM1ドライバー発売日

テーラーメイドM1ドライバーを
プロ選手たちが使用し始めましたね。

ジェイソンデイも
プレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」
で実戦デビュー。

R15よりも飛距離が出ると絶賛。
そのデビュー戦でいきなり優勝してしまいました。

発売日は、アメリカでは2015年10月8日となっております。
カリフォルニアの日本人ご用達のショップでは、
すでに日本からの注文が殺到していると伺っています。
シャフトのカスタムも、非常に多くの選択肢から選べますので
アメリカのショップと言っても日本で購入するのと同じです↓↓

テーラーメイドM1ドライバーの詳細はこちら

日本での発売は、2015年12月の予定となっています。

クラウン部分がカーボンになっていて
重心がR15よりも低くなりました。
そのため、球が上がりやすく、捕まりも良くなっています。

もちろん、ソールに配置された
縦と横に移動できるウエイトで
ドロー系からフェード系まで球筋を変えられ、
球の高さやつかまり具合も変えることが出来ます。