タイトリスト915D4 発売

タイトリスト915D4が発売開始です。

アメリカツアーで活躍している
プロたちの要望で開発されていた915D4。

それが遂にUSモデルで市販化されました。


タイトリスト915D4の詳細はこちら

ヘッドは450㎤。
重心位置が前にありますので、
より低スピンで強い球が出ます。
球は中弾道。

左に行きにくいので、
左を消したい方には
最適なドライバーです。

スライサーにはお勧めできないです。

タイトリスト915D 評価

2015年の人気ドライバーと言って、
やはり真っ先に登場させるべきは、
この915Dでしょう。

915D2
915D3
915D4(USモデルのみ)
まで登場しています。

非常に多くのプロが使用しており、
アマチュアでの使いこなせないんじゃない?
というイメージをお持ちの方も
多いかもしれませんが、
そんな方には、915D2をお勧めします。

Titleist 日本正規品 当店人気NO1ゴルフメーカータイトリスト 915D2 ドライバー ゴルフ 送料無…

私が思うに、
最もバランスが良いドライバーがD2。

その証拠に、915Dを使っている
プロのほとんどがD2を使っています。

使っている理由は、
オートマチックに飛んで曲がらないから。

決してアスリートモデルではなく、
アベレージゴルファーでも使えますよ。

それよりもやや左に
行きにくいようになっているのがD3です。

タイトリスト915D3の詳細はこちら

915Dに共通して備わっている
ソールの溝。
これが非常に良い働きをしてくれます。

この溝の効果で飛距離が大幅にアップ!
なんてことが書かれている雑誌もありますが、
それよりも私が感じるのは、
ミスへの許容度のアップです。

ヘッドがたわむことで
ミスヒットをしても
フェース面が変わりにくいのです。
ですので、サイドスピンが
かかりにくくなってくれるのです。
これによって曲がり幅が非常に小さく、
これまでOBになっていた球が
ラフで収まってくれたり、
ラフに行くような球が
フェアウェイに残りやすくなっています。

もちろん、飛距離も伸びています。

ヘッドスピード43前後くらいで
240ヤードくらい飛びますので、
飛ぶ方だと考えていいでしょうね。

さらに、アメリカで
多くのプロからの要望で作られたのが
D4です。

タイトリスト915D4の詳細はこちら

D2やD3と異なり、
後ろに出っ張った部分がやや丸みを帯びています。
また、D3ドライバーよりディープフェイスで
ヘッド体積が450cc。
重心位置がD2ドライバーやD3ドライバーより
前にあるので、より左を恐れず叩くことができますし、
スピン量を減らすことができます。