スリクソンZ565ドライバー 試打 評価

スリクソンZ565ドライバーを試打してきました。

松山英樹選手が使用を開始したことで
注目を集めているドライバーです。

460㎤の大型ヘッドで
ドローバイアスで捕まりが良く、
高弾道+低スピンで飛びます。

Z765ドライバーよりも弾道が高く、
アベレージゴルファーでも楽しめるドライバーです。

シャフトは、「SRIXON RX」と「Miyazaki Kaula MIZU」が
純正でラインナップされていますが、
私の場合には、「Miyazaki Kaula MIZU」の方が
より低スピンになって飛距離が出ました。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
【8/23朝9時59分までポイント10倍】スリクソン Z565 ドライバー Miyazaki Kaula MIZU 5 カーボンシャフト ダンロップ 2016年モデル日本正規品【メーカーお取り寄せ】【代引き不可】

スリクソン新モデルドライバー 松山英樹選手テスト開始

スリクソンの2016年9月10日発売の新モデルを
松山英樹選手がテストしています。

当初は、Z765ドライバー、
Z765リミテッドモデルをテストされていました。
これまで長年使用してきたZR-30を進化させたようなモデルが
Z765リミテッドモデルなので
予想としてはこれがエースになるのかなと考えていました。

●ダンロップ スリクソンZ765 リミテッドモデル ドライバーMiyazaki Kaula MIZU カーボンシャフト

しかし、6月30日開幕の
「WGCブリヂストンインビテーショナル」では、
Z565ドライバーを実戦テストしています。
そして、「調整すれば良くなる」という手ごたえも口にされていました。


スリクソンZ565ドライバーの詳細はこちら

これから全英オープン、オリンピック、全米プロと
大きな大会が続きますが、
エースドライバーとなるのはどれでしょうか。