グレートビッグバーサ エピック サブゼロドライバー 試打評価

キャロウェイグレートビッグバーサの2017年モデル「EPIC」には、
浅重心モデルのサブゼロもラインナップされています。

すでに石川遼選手がサブゼロを使用して10ヤード飛距離アップしているそうです。

今回、このサイトでも度々ご紹介している
カリフォルニアの日本人御用達のショップ「フェアウェイゴルフ」の日本人オーナーさんが
サブゼロをラウンドで使用されました。

ヘッドスピードは39m/sくらいの一般的なゴルファーで、
これまではPING G30 ドライバーを使用されていました。

今回サブゼロを使用して
これまで215ヤードだった飛距離が10ヤード伸びて225ヤードになったそうです。
また、驚くべきことにフェアウェイを100%キープされました。
日本人の一般的なゴルファーでも普通に使えるドライバーだということをお話しされていました。

今回使用されたサブゼロのスペックです。
ヘッド:GBB EPIC Sub Zero DRIVER 
ロフト:10.5度
シャフト:Project X HZRDUS T800 55 Midキックポイント
硬さ Flex:R
長さ:45.5インチ
可変式組み合わせ:全てメーカースタンダード



グレートビッグバーサ EPIC サブゼロ の詳細はこちら

キャロウェイXR16SUBZEROドライバー

キャロウェイXR16のプロトタイプが
遂にアメリカ限定ですが市販化されました。


XR16SUBZEROの詳細はこちら

パワーヒッターの方でも、
より低スピンが打てるドライバー。
USPGAツアーではフィルミケルソンを始め
キャロウェイ所属の一部の選手が使用しています。

特徴としては、新しい特許技術で
クラウン部分の軽量化を図り
余剰重量を使って低重心化を図りました。

そして、ソールにある二つのウエイトは
2グラムと10グラムで前後を入れ替えることが出来ます。
10グラムの方をフェース寄りにすることで
低スピンで低めの最も力強い球を打つことが出来ます。

もっともっとスピン量を減らしたいという方に
是非使っていただきたいドライバーです。

日本からも通販で購入できます。
日本人ご用達のこちらのショップでは、
ドライバー一本でも送料無料キャンペーン中です↓↓

XR16SUBZEROの詳細はこちら