人気ドライバーランキング2017-2018

2017年~2018年モデルのドライバーは、
飛距離が出てミスへの許容度が高いものがズラリと揃いました。
最大飛距離だけでなく
平均飛距離が上がるところがありがたいです。
数年前のモデルのドライバーを使っているなら
その違いに驚くこと間違いありません。


【総合一位】高反発:【HAYABUSA】

ルール非適合の高反発ドライバーなので
公式競技では使うことはできません。
でも、競技には出ませんし、プライベートではOKでしょう。
私のドライバーよりも50ヤード飛びますし、
しかも真っ直ぐ飛ぶので、ゴルフが非常に楽しくなりました!
購入してレビューを書いていますので、良かったら参考にしてみてください。
HAYABUSAレビュー・感想はこちら

1位:キャロウェイ ROGUE STAR ドライバー

2017年爆発的にヒットしたEPIC STARの後継モデルですが、やさしく飛ばせるドライバーとなりました。
前作も非常に人気がありましたが、アベレージゴルファーには少し難しいと言う声もありました。それが重心が後方に、そしてつかまりやすい位置に移すことに成功。これにより球が上がりやすく、つかまりやすくなっています。
ROGUE STAR ドライバーの詳細はこちら

2位:テーラーメイドM4ドライバー

中上級者の方に非常に人気が高かったM2の後継モデル。今回はツイストフェースが、ミスヒットへの許容度を非常に高めてくれました。また、慣性モーメントも高まっていますので、本当に曲がらないドライバーとなっています。
テーラーメイドM4ドライバーの詳細はこちら


3位:ゼクシオ10ドライバー

12月9日発売のゼクシオ10ドライバー。
女子プロを中心に多くの選手が実戦で使っており、吉田弓美子選手はツアー優勝しています。
また、レギュラーツアーでは、稲森佑貴選手が実戦で使い、すでにその完成度の高さに注目が集まっています。
やさしく球が上がって、ミスヒットにも強い、最高のドライバーです。

ゼクシオ10 使用者の口コミ・評価はこちら

4位:ブリヂストンJGRドライバー2017

9月15日発売のJGR2017年モデル。
プロトタイプの頃から、女子プロを中心に飛んで曲がらない最高のドライバーだという声がたくさん上がっていました。
打ち出し角が非常に高く、そこからなかなか落ちてこない伸びのある「飛んでるな~」という球が特徴です。
これまでのモデルと同様に捕まりも良く、本当に良いドライバーです。

JGRドライバー 使用者の口コミ・評価はこちら

5位:PING G400 ドライバー

9月7日発売の最新モデル。
プロ支給後、非常に早く契約プロが実戦使用を開始し、チャンキム選手がツアー優勝。全英オープンでも大活躍しました。
契約外の宮里優作選手もG400にチェンジ。
445㎤と今どきドライバーとしては小ぶり。でも慣性モーメントは最大。扱いやすくストレート性の高いドライバーです。
PING G400 使用者の口コミ・評価はこちら

ローグスタードライバー ヘッドスピード40m/s

キャロウェイから登場するROGUE STAR ドライバー。

ヘッドスピード40m/sくらいだけど使えますか?なんていう質問が結構多くあります。

結論からいうと、大丈夫!です。

実は、昨年大ヒットしたEPIC STAR ドライバーは、ヘッドスピード40m/sくらいだと、ちょっとしんどかったと思います。ROGUE STAR ドライバーになって、重心が深くなりつかまりやすい位置になったことから、球が上がりやすくなって自然と捕まるヘッドになっています。実際に色んな試打情報を聞いていると、ヘッドスピード40m/sくらいの方の結果が非常に良くなっています。

今回のROGUEシリーズは、全体的につかまりが良くなっています。
3つのタイプの中で、最もROGUE STAR がやさしく飛ばすことが出来るドライバーです。

ROGUE STAR ドライバーの詳細はこちら

テーラーメイドM3M4ドライバー 予約受付開始

テーラーメイドM3M4シリーズの予約受付が開始されました。



テーラーメイドM3M4 先行予約はこちら

今回のMシリーズは、やはりツイストフェースですね。
ロボットではなく、人が打った時の打点とボールの行方を徹底的に解析。
トゥ側高めでヒットする際にはフェースは閉じ気味にヒットすることが多く、
ヒール側低めでヒットする際にはフェースは開き気味にヒットすることが多くなります。
そういった傾向を徹底的に調査して、ミスヒットした時にも、ボールの曲がりを最小限にして大きなトラブルにならないものを完成してくれました。
これは是非使ってみたいですね。

PING G400 MAX ドライバー スライサーにはどう?

PINGのG400シリーズに新しいモデルが登場することが発表されました。

G400MAXドライバー


PING G MAX ドライバーの詳細はこちら

これまで発売されているG400シリーズは、すべて445CCの今どきドライバーとしては小ぶりのヘッド。今回のG400MAXドライバーは460CCの大型ヘッド。この大型ヘッドで、最大の慣性モーメントを実現しました。
これまでのG400シリーズも、他のメーカーの追随を許さない大きな慣性モーメントを誇って、当たり負けしないドライバーでしたが、今回は更に慣性モーメントが高くなり、よりミスヒットに強いドライバーとなります。

では、スライサーにとってはどうか?という部分ですが、
インパクトで芯を外しても当たり負けしないので、スライスやフックが小さくなります。
ですので、スライスが小さくなる可能性が大いにあります。

ただ、大きく振り遅れてしまうタイプのスイングの方は注意が必要です。
より振り遅れてしまって、そのまま右にすっぽ抜ける球が出てしまうかもしれません。

打点がばらついて右や左に飛んでしまうという方は、
曲がりが少なくなってくれますので、ドライバーが楽になるでしょう。

ROGUE ドライバー 2本の柱

キャロウェイのROGUEシリーズが発表されましたが、
EPICから採用されているヘッド内部の2本の柱は
ROGUEにも採用されています。

この2本の柱は、ヘッド内部のフェース寄りにあり
クラウンとソールをつないでいます。
インパクト時のヘッドのたわみを抑えることで
ボールに与えるパワーを逃さないようにしようという狙いです。

今回、この2本の柱が、EPICと比較して25%軽量化されました。
この軽量化というのは、非常に大きなポイントであると考えています。

最近のドライバーというのは、重心の位置を低く、深くすることで
やさしく大きなボールを打てるようにしようという流れがあります。
2本の柱は、フェースよりギリギリにあることで、重心を浅くする方向に働いてしまいます。
そうすると球のつかまりは抑えられ、高さも出にくくなります。どちらかというと、上級者向け、ハードヒッター向けになるのです。
それを今回のROGUEでは25%軽くすることに成功しました。フェース寄りの重量が軽くなり、また、その余剰重量を後ろ寄りに配置することができるので、重心を深く、低くすることが可能になります。

そういうことで、ROGUE STARは、EPIC STARよりもかなりやさしいモデルとなりました。
その分、男子プロは、ROGUE STARではなく、ROGUEやROGUE Sub Zeroを使う選手が多くなるのではないでしょうか。


スポンサードリンク


キャロウェイ ローグスタードライバーはやさしくなった?

キャロウェイから新しく発売されるROGUEドライバー。

キャロウェイ ローグ スター ドライバー [スピーダーシリーズ] エボリューション4/エボリューション3/エボリューション2/TS 474/569/661/757 カーボンシャフト フジクラCALLAWAY ROGUE STAR
2017年爆発的なヒットとなったEPICの後継モデルとして登場。
EPICの登場から約1年しか経過していませんが、どのようなドライバーとなったのでしょう。

日本で発売されているEPIC STAR ドライバー。非常に飛んで人気があったのですが、実はアベレージゴルファーを中心に、「難しい」という意見も多々上がっていました。「球が上がらない」「つかまらない」「スライスする」などと言った評価でした。
今回のROGUEシリーズは、明らかにこういった意見に応えるべく改良されています。

ROGUEシリーズの最も優しいモデルとされている「ROGUE STAR ドライバー」ですが、
重心をかなり深く、低く、そしてつかまりやすい位置に持ってくることに成功しています。
EPICから登場した2本の柱が、ボール初速を上げることには成功したのですが、ややつかまりが悪い、球が上がらない要因となっていました。今回は、この2本の柱を軽量化できたことが非常に大きいです。
実際にプロの試打動画やアメリカの動画を見ていると、明らかにつかまりが良くなって球が上がりやすくなっています。

今回のROGUE STAR ドライバーは、EPIC STARを上回る高い評価を受けそうです。
それに伴って、上級者やハードヒッターは、「ROGUE ドライバー」や「ROGUE Sub Zero ドライバー」を使う方が多くなりそうです。

キャロウェイ 2018年最新モデルドライバー 発売日

キャロウェイから新しく発売されるROGUEシリーズが発表されました。

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンとフルラインナップです。

ドライバーは、3種類。
・ROGUE STAR ドライバー
・ROGUE ドライバー(数量限定)
・ROGUE Sub Zero(数量限定)

発売日は、2月下旬と発表されました。

この3つのドライバーの違いは、重心位置です。
ROGUE STARはドローバイアスが効いておりつかまりやすい設計。
ROGUEは、3つのドライバーの中ではニュートラルなポジションですが、深い重心設計になっています。
ROGUE STARは、浅い重心で左を恐れず叩けて、力強い球を打つことが出来ます。

今回のROGUEシリーズは、EPICと比較すると、
2本の棒の軽量化とクラウン部分の軽量化により、
重心位置をコントロールしやすくなりました。
それによって、ROGUE STARはドローバイアスを効かせてつかまりやすく、球が上がりやすい設計となりました。
EPIC STARよりもやさしいドライバーとなっています。

M3ドライバー 発売日

テーラーメイドから最新Mシリーズが発売されます。
すでにアメリカでは発表されており、契約選手であるダスティンジョンソンやローリーマキロイたちが新しいドライバーについて語りながら試打をしている動画が公開されています。

M1シリーズの後継モデルとなるのはM3。
TWIST FACE がスイートエリアを外しても、大きくフェアウェイを外さない許容性を確保しました。
また、TトラックシステムがYトラックシステムとして生まれ変わり、より自由に重心位置を変えられるようになっています。


テーラーメイドM3ドライバーの詳細はこちら

発売日は、アメリカで2月16日となっています。
日本ではまだ発表されていませんが、1月16日に恐らくM3、M4が発表されるかと思います。発売日はその辺りでわかるでしょう。

テーラーメイドM4ドライバー 発売日

昨年となりますが、2017年にヒットしたドライバーと言えば、キャロウェイのEPICとテーラーメイドM2を挙げることが出来ると思います。
すでにEPICに関しては、それを超えるというROGUEドライバーの発表予告動画が出てきていますが、テーラーメイドM2についても、その後継モデルとしてM4が発売されることがアメリカで発表されました。

まだ日本では何も発表されてませんので、これまでのモデルと同様にアメリカで発売が開始されてから、1~2か月後に発売となるのでしょうか。詳細が分かり次第、またご報告させていただきます。

アメリカでの発売は、2月16日です。


テーラーメイドM4ドライバーの詳細はこちら

M1の後継モデルはM3として登場するようです。
ですので、M3とは違い、M4はやはりこれまでと同様にプロモデルでありながらもやさしく使用できるモデルになっているのではないでしょうか。

キャロウェイ ROGUE ドライバー 試打動画

キャロウェイから2018年新年早々に発表されることになっているドライバー。
すでにUSGAのクラブリストに掲載されているROGUEドライバー、ROGUE Sub Zeroドライバーが正式に発表されることだと予想されています。

すでにキャロウェイ契約選手たちがテストを開始しているようですが、
石川遼選手と上田桃子選手が初めてROGUEドライバーを手にした時の様子が動画で伝えられています。

お二人のコメントを聞いていると、
今回のドライバーはEPICよりもやさしい感じですね。
つかまりやすい感じで楽に球も上がっている様子です。

また、弾きも良くなって、ボール初速が上がっているようですね。

EPICよりもやさしく、そして飛ぶとなれば、これまたすごく売れそうですね。
EPICを買おうか迷ったけど買わなかった方々や、
EPICに乗り換えたけど、さらに良いドライバーを求めて購入される方もいらっしゃるでしょう。

どちらにしても、詳細の公表と、発売開始が楽しみです。

オノフ KURO ドライバー 口コミ・評価

片山晋呉選手が監修したオノフKUROドライバー。
もちろん自身でも使用されています。

ONOFF オノフ 2017年 DRIVER KURO 黒 ドライバー SMOOTH KICK MP-617D スムースキック カーボンシャフト パワートレンチ
片山選手は、以前からやさしいモデルを好んで使ってきました。
大型のやさしいアイアンだったり、ショートウッドだったり
男子プロでは珍しいセッティングで話題となっていました。

そしてこのKUROドライバー。
決してやさしいだけのぶっ飛びドライバーと言うわけではないのですが、
スイング通りの素直な球が出てくれます。

実際に使用している方々も口を揃えて仰るのが打感の良さ。
軟鉄鍛造アイアンを打っているかのような食いつく柔らかい打感は秀逸。
スピンも適度に効いてくれているので、中・高弾道で伸びのある球を打つことが出来ます。
⇒オノフKURO 使用者の口コミ・評価はこちら